麹菌は発酵によって多くの美容成分を作ることが分かっており、美白成分のコウジ酸は厚生労働省認可の美白成分となっています。

抗酸化力もありエイジングケアにも注目されている麹せっけんの美肌効果や本物の麹せっけんの正しい選び方についてお伝えします。

目次

麹って何?

最近、発酵食品がブームになって、麹、甘酒が以前よりだいぶ市民権を得てきました。

麹は発酵のスターターとも言えるもので、とっても体に良いので、一過性のブームではなく、このまま末永く流行?して欲しいと思っています。

麹はカビの仲間を成長させたもの

さて、その麹ですが、お米に麹菌というカビの仲間を成長させたものです。

麹菌はカビの仲間なのに、人間に有毒な毒素を作らないんですね。

さらに、その成長過程で、酵素をはじめとする有用成分をたくさん作ってくれます。これを発酵と言います。

麹の最も重要な役割は酵素の合成

我々の生活にとって、麹の最も重要な役割は酵素の合成です。

酵素は、化学反応を早くする効果を持っています。

例えば、デンプンを分解する酵素を利用すれば糖分ができますので、甘酒、日本酒、焼酎を作ることができますし、大豆のタンパク質を分解して、うまみたっぷりの味噌や醤油を作ることもできます。

麹せっけんが肌に良い理由「厚生労働省認可の美白成分」

麹菌は発酵によって多くの美容成分を作ることが分かっています。

まず、美白成分のコウジ酸。

その名の通り、麹から発見された成分で、なんと厚生労働省認可の美白成分となっています。

コウジ酸は抗酸化力も併せ持っていますので、老化に大敵の活性酸素を除去する効果もあります。

麹の美肌の秘密は強力な保湿力セラミド

また、近年その強力な保湿力から、多くの化粧品に配合されている成分、セラミドを作り出すことも分かっています。

セラミドは脂質の一種で、角質などの細胞を支える役割を担っています。

著しく肌が乾燥するアトピー性皮膚炎等では、セラミドが大幅に不足していることが分かっています。

また、加齢とともに肌のセラミド量は減っていきます。

セラミドは現在知られている最も強力な保湿成分ですから、これを補給するために高級化粧品にはセラミドが配合されているんです。

麹には、天然のセラミドがたっぷり含まれています。

せっけんに用いる素材としては最高なんですね。肌を洗いながら、セラミドの補給もできるわけですから。

麹は食べるだけではなく美容や美肌にも有効

日本酒を作る杜氏の肌がキレイとよく言われます。

これには、麹やそれに続く酵母の発酵によってできた、コウジ酸やセラミドなどの有効成分の働きがあることは間違いありません。

発酵は食べるだけでなく、美容にも有効で、かつ長い歴史でその安全性が証明されてきた、まさに人類の宝だと言えます。

ほんとのあなたの麹せっけんはこちら

麹せっけんの期待できる美肌効果

麹には美白成分のコウジ酸に加えて、強力な保湿成分のセラミドが豊富に含まれています。

ですから、麹せっけんで全身を洗うだけで、美白と保湿がいっぺんにできてしまうんです。

これ、毎日使い続けることでより効果的ですから、毎日どんどんお使い頂ければと思います。

麹せっけんは美肌だけではない!足先から頭の先まで全身ケア◎

ボディ洗いからメーク落としまで、せっけんひとつあれば他に洗浄剤は要りません。

メーク落としではぬるめのお湯で洗うのがコツです。

皮脂やセラミドの流出を最小限にできます。

麹せっけんで髪を洗うと髪がキシキシする場合はせっけん用リンスを使おう

髪を洗うとキシキシすると思われているあなた、是非市販のせっけん用リンスを使ってみてください。

せっけん用のリンスは、洗髪後にせっけんのアルカリ性を中和して弱酸性にする効果があります。

薬局やスーパーでも売られているクエン酸を少しお湯に溶かすだけで、リンスになります。

レモン果汁や食酢でも構いません。繰り返しますが、体や環境に良いものは必要以上に高価なものではないんです。

麹せっけんを購入する時の正しい選び方

素晴らしい麹の力を閉じ込めたせっけんは、しっとりなのにつっぱらない、最高の洗い心地を提供します。どうせなら良い麹せっけんを選びたいですよね。

良いせっけんを選ぶコツを全てお伝えします。

麹せっけんの正しい選び方①どんな麹成分が使われているか?

まず重要な事は、麹由来の素材として何を使っているかです。

ほんとのあなたでは、最高の麹成分を探す過程で、様々なものを実際に配合して、何度も何度も試作を行いました。

微粉砕した麹、甘酒、液化加工した麹などを試す中で、酒粕が最高の素材である事に気づきました。結局、古来からの素材が最高だった。

とても面白い体験でした。

酒粕はありふれたものです。

ですが、最高の酒粕はそんなに簡単には手に入らないのです。

あなたは麹の本来の力100%を備えている麹せっけんを使っていますか?

最近の日本酒は醸造技術が発展していて、難しい工程を省くため、本来の発酵過程を省略している場合が多いです。

こうした酒粕は本来の力を100%持っているとは言えません。

実は市販の酒粕には他にも問題があります。

それは酒粕に含まれるアルコールです。

アルコールを含まないスーパー酒麹なら赤ちゃんにも使えます

アルコール過敏の方にも使って頂けるせっけんを作りたい。

その思いから、私たちは全国を探しに探して、最高の醸造技術で作られた、しかもアルコールを含まない、スーパー酒粕を見つけました。

見つけた時は鳥肌が立ちました!

麹、酵母、乳酸菌のパワーを余すことなく石鹸に与えられるのに、アルコールフリーで赤ちゃんにも使える。

この素材は一般には入手不可能です。ほんとのあなた麹せっけんは、究極の麹素材から作られています。

麹せっけんの正しい選び方②どんな方法で作られているか?

せっけんは、油脂を苛性ソーダで分解する、けん化と呼ばれるプロセスで作られます。

けん化には、昔ながらの釜炊き、中和法、最も手間暇のかかるコールドプロセスがあります。

この中で、反応条件が温和で、天然のグリセリンを残せる唯一の方法がコールドプロセスです。

手作りせっけんの主流がこの方法です。

コールドプロセスで作られた麹せっけんは原料油脂の記載で分かります。

コールドプロセスで作られたせっけんは、原料油脂の記載がきちんとされています。

例えば、原料にオリーブオイル、パームオイルなど、油脂の種類が明記されているんですね。

釜炊きのせっけんでも、牛脂、パーム油など明記されている場合がありますが、せっかくの保湿成分のグリセリンが取り除かれています。

また、中和法で作られたせっけんの原料は例えばミリスチン酸など、原料の化合物名が記載されます。

せっけん素地、と書かれたせっけんが実はかなり多いのですが、こうしたせっけんは何の油脂を使っているか不明なんですね。

私は選びません。

コールドプロセスで作られた麹せっけんは肌の皮脂を取り過ぎない

コールドプロセスでは、油脂の成分を全て反応させずに、少しだけ残すことができます。

こうする事で、必要以上に皮脂を取らない、優しい洗い上がりになります。

実は、皮膚の保湿に重要なのは油脂なんです。

人体にはもともと皮脂線があり、ここで分泌する油脂が保湿や肌のバリア効果を与えます。

保湿といえば、日本では化粧水が主流です。ところが、欧米では化粧水は使われず、保湿にはクリームを使います。クリームで油脂を補給するんですね。

どちらの方法が正しいか、皆さんはもうお分かりですよね。

というわけで、コールドプロセスと明記されていて、原料油脂へのこだわりをしっかり記載してあるせっけんが良いせっけんです。

もちろん、ほんとのあなた麹せっけんは、コールドプロセスで丁寧に作っています。

麹せっけんの正しい選び方③どんな油脂を原料に使っているか?

コールドプロセスで作られたせっけんの使い心地は、原料となる油脂でほぼ決まります。

一般的にはオリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイルがよく使われます。

この3種の油脂で作られるのが有名なマルセイユせっけんです。

ところが、ココナッツオイル、パームオイルは肌に刺激性があるのと、パームオイルは熱帯雨林をどんどん伐採して、プランテーションで作られる問題があるので、使いたくありませんでした。

麹せっけんの油脂は優しい洗い心地のライスブランオイル(米ぬか油)

ほんとのあなた麹せっけんには、高い抗酸化作用があり、優しい洗い心地のライスブランオイル(米ぬか油)に、肌当たりの良いラードを少し混ぜて作っています。

ライスブランオイルには、ビタミンEの数十倍の抗酸化力があると言われるスーパービタミンE、トコトリエノールなどの有用成分が豊富に含まれます。

ライスブランオイルは揚げ油にもオススメ

ライスブランオイルは抗酸化力が強いので、揚げ油として使うと、カラッとしつこくない揚げ物ができる上に、油が劣化しにくいんです。

ですから、ライスブランオイルで作った製品はあの嫌な酸化劣化した油の匂いが出にくいので、ポテトチップスなどに大量に使われるんです。

ご家庭でのご利用もとってもおススメです。

また、ラードは人間と同じ哺乳類で、保湿成分としてとても優秀です。その上、ライスブランオイルだけでは不十分な、せっけんのかたさと泡立ちを補ってくれます。

ほんとのあなた麹せっけんに使う原料には、全て明確な理由があるんです。

さらに、本当に良いものを適正な価格で提供したいですから、中間コストを排除するために製造から販売まで、全て自社で行っています。

本当に良いものは必要以上に高価なものではありません。ここまで読んで頂いたあなたはお分かりのはずですね。

麹せっけんの正しい選び方④どんなパッケージで売られているか?

せっけんは食品同様、生ものです。

最近は、食品の品質を保つために、脱酸素剤が使われますね。

せっけんにじわじわダメージを与えるのも、酸素なんです。

ですから、パッケージが酸素を遮断しているかどうかがとっても重要です。

ポリ袋のパッケージは麹せっけんには不向き

実は、ポリ袋はしっかり密封していても、材質自体がかなり酸素を通します。

ですから、よく見かけるような、ポリ袋で密封されたせっけんのパッケージは、長く保管するには不向きです。

脱酸素剤を使うか、酸素を通さないパッケージを使うのが最高のせっけんパッケージです。

ほんとのあなたでは、酸素を通さないアルミラミネートのパッケージを一つ一つ確認しながらシールします。ですから、開封のたびに作りたてのせっけんをお使い頂けます。

「ほんとのあなた」では、これらの項目をクリアした本物の麹せっけんを製造&販売しています。

私たちは、本当に良いもの、お値段以上の価値を持ったものをお届けしたい。

10年、20年使い続けられる、愛される商品をお届けしたいと考えています。私たちは、以下のポリシーをお約束します。

ほんとのあなたの麹せっけんは最高の原料を使います。

原料の油脂、苛性ソーダ、麹、香りづけのエッセンシャルオイルに至るまで、それぞれの素材をこだわって選定しています。

特に、配合している麹成分の材料は、日本全国を探しに探して見つけた、珠玉の素材です。

また、パッケージは酸素を通さない素材で厳重にシールしていますから、開封するたびに作りたて同様のせっけんをお届けできます。

ほんとのあなたの麹せっけんはコールドプロセスで丁寧に作られてます。

せっかくの素材も、作り方が悪ければ生きません。

反応が穏やかで、有効成分を最大限活かせて、天然のグリセリンを全部残せる唯一の方法、コールドプロセスで丁寧に作ります。

ですから、私たちのせっけんはお菓子や料理に近いんです。

1個ずつ見た目も違います。ですが、品質に妥協はありません。

ほんとのあなたの麹せっけんは余計なコストをかけずにお客様にお届けします。

製造から販売までを自社で行うことで、余分な中間コストをかけずにお客様に商品をお届けします。

また、芸能人を使った広告などは出しません。

その代わり、気に入って頂いたら、ご友人やご家族などに口コミでお勧めして頂ければ本当に嬉しいです。

ほんとのあなたの麹せっけんは自然環境に配慮しています。

せっけんは生分解性に優れるため、環境を汚しません。

クレンジングのミネラルオイル、台所洗剤、ボディソープなどに配合される合成洗浄成分は、下水処理施設でも分解されず、そのまま海に放出されます。

日本全国、1億人が使うわけですから、莫大な環境負荷を自然に与える事になります。

インディアンには、「この星、地球、この大地、この自然は先祖から譲り受けたものではなく、我々がほんのしばらくの間、子孫から借りているものなのだ」という言葉があります。

せっけんを使うという事は、環境を守るという事でもあります。

ほんとのあなたは、最高の使い心地を持つだけでなく、自然環境に配慮した製品を末永くお届けします。

 

ほんとのあなたの麹せっけんはこちら

 

麹せっけんが美肌に良い理由と正しい選び方4つのポイント|まとめ

今回は麹せっけんが美肌に良いと言われている理由と正しい麹せっけんの選び方についてお伝えしました。

せっかく肌の為に麹せっけんを使用するのであれば本当に良いものを使いたいですよね!

麹せっけんの正しい選び方は、

  • どんな麹成分を使っているか?
  • どんな方法で作られているか?
  • どんな油脂を原料に作られているか?
  • どんなパッケージで販売されているか?

こちらの4項目をチェックし選んでみてくださいね!

ほんとのあなたの麹せっけんはこちら