今回は、エッセンシャルオイルの基礎知識と、リラックスしたいときにお勧めのブレンドについてお話しします。香りが身体に与える効果、エッセンシャルオイルとアロマオイルとの違い、リラックス系ブレンドの詳細が気になる方の、参考になれば幸いです。

エッセンシャルオイルって何?

エッセンシャルオイルという言葉、これは、植物(ハーブ)から抽出した天然の香り成分のことです。エッセンシャルオイルは、有効成分が凝縮されているのが特徴です。ちなみに、アロマテラピーなどでよく耳にする「精油」という言葉も、エッセンシャルオイルと同じ意味です。

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違い

香り成分の入ったオイルには、エッセンシャルオイルのほかに、アロマオイルがあります。あまり知られていませんが、アロマオイルとは、エッセンシャルオイルなどの香料をアルコールや鉱物油を添加したもののことで、エッセンシャルオイルとは異なるものです。

香りは脳を経由して全身へ伝わる

香りが身体に作用するメカニズム、知らない方も多いと思います。

香りは、鼻から吸収され、電気信号へ変わり、一度脳へと伝わります。その後、脳から自律神経系(緊張と緩和)、内分泌系(ホルモンや消化)、免疫系へと信号が送られ、それぞれの部位に作用します。

香りのタイプ7種類

香りのタイプ7種類

図のように、エッセンシャルオイルは、その部位や香りによって7種類に分類されます。一般的に、同じタイプの香り同士や、図で隣り合っているタイプの香り同士は、系統が近く、ブレンドした際の相性が良いと言われています。

エッセンシャルオイルの効果は様々

エッセンシャルオイルの効果は、原料となる植物の種類によって異なりますが、例えば、リラックス、気分転換、集中力アップ、リフレッシュ、情緒安定などがあります。

また、エッセンシャルオイルには、特定のもの同士をブレンドすることで相乗効果が得られるという特徴があります。

リラックスしたいときにお勧めのブレンド

エッセンシャルオイルのブレンドは無数にありますが、今回はリラックスしたいときにお勧めのブレンド(一例)をご紹介します。

【4種のブレンド(配合比率の多い順に、ラベンダー・ベルガモット・クラリセージ・ひのき)】

・ラベンダー(フローラル系)…シソ科のハーブ。さわやかな香りが特徴です。

・ベルガモット(シトラス系)…柑橘系のハーブ。スッとする香りが特徴です。

・クラリセージ(ハーブ系)…シソ科のハーブ。ほんのりと甘い香りが特徴です。

・ひのき(ウッディ系)…木材としても使われる木。さわやかな森林の香りが特徴です。

これらの組み合わせは、どれも先の図では右側の系統で、近いタイプのものですね。理論的にも、相性の良い組み合わせであると考えられます。

睡眠の質が良くないときや、集中することが多く精神的に疲れているときにお勧めのブレンドです。

まとめ

今回は、エッセンシャルオイルに関する基礎知識と、リラックス系のお勧めブレンドについてお話ししました。初めて知る内容も多かったのではないでしょうか。

今回紹介したブレンドは、ほんとのあなた麹せっけんと、生麹バスソルトにも配合されています。ご興味のある方は、こちらも合わせてご覧になってください。

ほんとのあなたの麹せっけんはこちら

ほんとのあなたの麹バスソルトはこちら